読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いよいよタイに向けて..

月曜日はローソンチケットに、ズムスタのチケット抽選を申し込んだ人も多かったのではないか。

開幕戦のズムスタで応援したいと願うオヤジは、3/31のチケットは確保できたが、4/1のチケットが取れておらず、折角、広島市内のホテルを2連泊で押さえているので、何とか4/1もチケットを確保したい。ここで問題なのが、ローチケの当選発表が2/19だということ。

f:id:danjoego:20170216102447p:plain

2/17~25までタイに行ってる私は購入手続きが取れん。そこで息子に「私が当ったら代理で購入を宜しく」とメールで依頼を掛けておいた。頼むぞ、息子よ。当ったら、広島でモダン焼きをおごっちゃる。

そこらへんはさておき、いよいよタイへの旅立ちが明日となった。いやあ、氷点下の日本から常夏のほほ笑みの国へ渡航できるのは、何よりの楽しみである。以前も書いたが、これで残りの1年を耐え忍ぶことが出来る。

ということで、明日からは怒涛のタイラウンドツアーの報告を行う予定です。※酔っぱらってぐだぐだにならなければ、ですが。乞うご期待、もとい、余り期待せずに待っておくれ、です。

ファンクラブ会員になっても...

久々の更新であるが、タイ行の準備に余念がなかったという事で。

ところで本日は12時から、カープの主催試合チケットの売り出しであった。ファンクラブは先行販売なんであるが、とても歯が立たなかった。PCとタブレットスマホの3台構成で挑むも...撃沈。。orz。

こうなりゃ、ローソンの抽選販売に掛けるっきゃない。まあ、息子が3/31のチケットは確保したと言っていたので、開幕戦の1試合は何とか見れることに。でも広島のホテルは2連泊で押さえているので、何とか土曜(4/1)のチケットも抑えたいところである。ここは家内の名義も総動員して、何とか当てねばならぬ。

しっかし、初日の数時間で、一年間の土日のチケットが売り切れるってどうよ。うーん、平日に行くしかないのか。またもや休みも節約せんといかん。

来週金曜からは極寒の日本を離れ、30℃の日差しが待つタイにいよいよ行ってきます。ああ、もちょいの辛抱だ。

ということで、17日以降はタイからの発信をお待ち下され。

横浜遠征。

ズムスタの開幕戦(3/31~4/2)は、ホテルは予約したが、チケットは取れるかどうか甚だ心もとない。桜咲く広島で開幕戦を応援できればと願っていますが、どうなりますか。

その点、横浜球場のチケットはそこまでハードルが高くない。(ベイスターズファンの皆様、ご無礼はお許しの程を)ベイスターズのビジターファンクラブ会員の特権を生かし、早めに先行予約が出来るのでほぼ確実に抑えられると思う。多分。

そこで、4月後半の連休に横浜までカープ戦の試合応援に遠征することを企てた。昨年も横浜に2泊3日で観光を兼ねて遠征したのだが、なかなか良かったのだ。中華街も平日はお得なランチがあるし、雨さえ降らなければ、横浜球場もなかなか快適である。港側から日大大通りを歩いていくと見えてくる横浜球場のたたずまいも、結構気に入っており、春や秋の季節は心地よい海風が吹き抜け、広島駅からズムスタに続く道のりとは、また違った楽しさがある。

ということで、4/28~4/30のホテルを早速予約。前回は球場すぐ横の大和ロイネットホテルにしたのだが、今年は山下公園そばにあるスターホテル横浜にしてみました。

カープファンの皆さん、横浜球場のスターサイド(三塁側)を赤く染めに行きませんか?

 

※平日ランチがお勧めの菜香新館

f:id:danjoego:20170118110229p:plain

※こちらもお勧め「ローズホテルのランチビュッフェ」(ネット予約がお得)

f:id:danjoego:20170118111559p:plain

そろそろズムスタ開幕戦の準備

まだオープン戦も始まっていないが、チケットが取れるかどうかも分からんズムスタ開幕戦の準備をそろそろせんといかん。ぼちぼち宿の手配をと思っていたら、なんと広島駅周辺のホテルは軒並み4/1が空いてない。または空いていてもバカ高いホテルだけ。

ありゃりゃ、出遅れたかと思い、じゃらんで検索して何とか市内中心部のホテルを押さえました。うーん、油断は禁物ですなあ。個人的には駅前周辺で押さえたかったのだが、まあ八丁堀からすぐのところなので良しとしませう。飲み屋街も近くにあるし(笑)。

流石に、今季開幕戦にかけるファンが多いんだねえ。広島県外から大勢駆けつけるんだと思います。

話しは変わりますが、カープファンって直ぐ仲良くなれる人たちが多い気がします。点が入ったら直ぐ廻りとハイタッチ三昧になるし、居酒屋でもすぐ盛り上がりますしね。

今回は息子とダブルで、開幕戦の3/31と4/1のチケット確保をする予定ですが、昨年のファンクラブ会員に入会できた強運が残ってますか。入会した時点で使い果たしたような気もするんですよねえ。初詣のおみくじは小吉だったし..orz。

ここは息子に期待しておきます。

↓年間指定席は、昨年からの継続購入者だけで売り切れだって。凄いねえ。

f:id:danjoego:20170112125555p:plain

※何とか予約できた、アーバイン広島セントラルホテル。

f:id:danjoego:20170112125309p:plain

 

2019年1月より新元号に

天皇陛下の譲位のご意志を受けて、平成31年の元旦より新元号に変わるんだそうだ。確かに急に元号が変わるより、事前に準備が出来たほうが、カレンダーはもとより、システム関連の日付設定などを考えると都合が良いですよね。良い判断だと思います。

お役所の書類をはじめ、様々な書式で未だに和暦での日付記載が多く見られ、こんな点でも事前に分かっていれば、対応がスムーズにできますし。

天皇陛下にしてみれば「あと2年も」と思われるのかな。ここらへんは難しいところですが、少なくとも一歩前進ではあります。

M・T・S・Hときて、この次はどんな元号が採用されるのでしょうか。

明治生まれの方をほとんど見かけなくなり、大正生まれの方が90歳を超えた今日この頃、そのうち昭和も遠い時代になっていくのかな。考えてみれば平成も29年目だしねえ。

 

↓昭和39年の東京オリンピック。前年に初めて我が家にテレビがやってきて、かぶりつきで見てました。

f:id:danjoego:20170110095608p:plain

 

※事前に元号が発表されると思っていたら、平成31年の元旦に新元号を発表するとのこと。うーん、事前の準備は出来ないんですね。手帳やカレンダーの作成者は困りましたね。西暦の年号だけで行くしかないのかな?少なくともシステム関連は、西暦だけで問題ないですし。

※1/12追記。流石に年号を変更当日ではなく、事前に知らせるという事を検討されているようですね。殆どの方が喜ぶと思います。めでたしですな。

エレコムEHP-CH1000SGDを買ってみた。

先日、ZENPADで電話機能を試した話を書いたが、その時使ったイヤホンマイクはもともとNEXUS5で車の運転の際に使う用途で購入しており、いちいちブルートゥースで切り替え設定するのもややこしい。それにモノラルだし。

どうせなら、機内や車中でタブレットの映画を見たり、音楽を聞いたりするのにも使えるようにと、ステレオヘッドフォン+マイクが使えるエレコムのこの製品をポチッた訳であります。※丁度、イートレンドで初売り¥2980だったもんで。

f:id:danjoego:20170107094456g:plain

早速試してみましたが、中々良く出来てます。これが¥2980だなんて安いねえ。

専用のポーチも付いてくるし、一著前に真鍮製の本体で差込ジャックも金メッキ。強いて言えばマイク部分の本体がプラスチッキーで少し安っぽい、ボリュームがアナログ式のスライダーというあたりか。しかし送料込みで¥3000を切ってるので文句は言えないですね。実際の音と言えば、ソニーの1万円を超すイヤフォンと同等の音を聞かせてくれます。(女性ボーカルの音源を聞く事が多いので、中~高音域が良く鳴るのが好みです)※低音域は流石にあまり期待できませんけどね。

これで2月のタイ旅行のお供に追加招集が決定。音楽を聴きながらLALAコールで通話も、という用途で活躍してくれそうです。

※こんな感じでポーチも付いてくる。

f:id:danjoego:20170107100945j:plain

※本体も真鍮製で質感もよし。

f:id:danjoego:20170107101046j:plain

※マイク部分のボリュームコントロールがねえ。せめてボタン式にしてほしかった。

f:id:danjoego:20170107101158j:plain

 

高野英男さんの生き方。

年末に悲しいニュースが流れた。

福島県の病院長が自宅で火災にあい、亡くなったというものだった。

福島県広野町にある高野病院、そこで震災後の原発事故に巻き込まれながら、医師としてただ一人残り、80歳を超えながら日夜急患にも対応しながら、診療を続けていた方だった。

NHKでも取り上げられたので、ご存知の方も多いと思うが、本当に地域医療の為に尽力を尽くされた方だったと思う。原発事故さえなければ、今頃は後進に道を譲り、悠々自適の生活をされていてもおかしくなかっただろうに、最後まで医師としての使命感を果たしながら、生き抜いた人だった。

本来、病院は一人医師での運営は認められていないが、この病院が無ければ福島の広野町の地域医療が崩壊していたと思われ、流石に厚労省も例外規則で対応したのだろう。民間の医療法人なので、公的な支援は難しかったのかもしれないが、何か支援が出来なかったものかと歯がゆい思いも残る。

ボランティア医師の派遣も今後予定されているようであるが、是非とも高野さんが懸命に守り続けた地域医療の灯を消してはならないと思う。

高野英男さんの生き方を偲びつつ、高野病院が今後もかの地で診療活動を継続できることを願う。それが一番の供養と信じつつ、合掌。

 

※在りし日の高野英男先生(高野病院のホームページより)

f:id:danjoego:20170105174016p:plain