読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば、あと2か月でタイツアー。

旅行

今年も残り2週間かと思いつつ、指折り数えていたら...タイツアーの出発も2か月後という事に気づいた。航空券とホテルは押さえ、ゴルフ場等の予約と送迎も大体手配が出来たので、まあ大丈夫なんであるが。※タイカントリーとレムチャバンGC、アマタスプリングCの予約時刻がまだ未定だが、来月には確定する見込み。

唯一の気がかりは、エクスペディアでキャンセルしたはずのホテル代金がどういう訳か引き落とされており、ホテル代金が二重払いとなってしまっていること。これについてはエクスペディアに問い合わせ中であり、後日、顛末を書きたいと思う。

ところで、タイでの楽しみは、ゴルフとマッサージとタイ料理(中華やイタメシも食べますけどね)である。朝から早起きしてゴルフ場へ向かい、日本のようにハーフで休憩することなく一気にラウンド。自分で運転もしないので、茶小屋でビールも気楽に飲め、終わったらシャワーを浴びて昼食会場で宴会、ホテルに帰ったらマッサージに行き、しばし爆睡の後に夕方から、またもや宴会、これでええんかい(笑)。

でもって今回の予定。

 

1日目はバンコクへ夕方到着後、シャングリラホテルのネクスト2でビュッフェ。ホライズンクルーズも捨てがたいが、料理の質と品数の豊富さではやはりこちらのデッキ席が勝っている。

f:id:danjoego:20161216165337j:plain

2日目は朝からスワンカントリーでラウンドし、夕食はシーロムコンプレックスのレムチャロンシーフード。パッポンやタニヤも傍ですし、日本人の観光客も多いところですね。どこから湧いてくるんだというほど露店が並び、夜7時以降はものすごい人込みになります。

f:id:danjoego:20161216165544j:plain

3日目はタイカントリーをラウンド後、プルンチットのセントラルエンパシーにある鼎泰豊(ディンタイフォン)の予定。セントラルワールドの店よりこちらの店舗が新しく、空いているうえに綺麗とのことでした。(行ったことがないのでホントかどうかは?)

f:id:danjoego:20161216165059j:plain

4日目は、タナシティGCでラウンド後、パタヤへ移動。夕食はセントラルパタヤのビーチロード沿いのパブのテラス席で、夕日が水平線に沈むところを眺めながらの食事。ちょいと値段が高めだが、ロケーションが良いので納得。

f:id:danjoego:20161216165810j:plain

 

5日目は休憩日なんで、午前中はまったりと過ごし、昼食はヒルトンホテルのビュッフェ。平日は520~580B(+17%の税、大体2000円くらい)と、とてもお得な料金で、パタヤビーチを眺めながら優雅なランチが楽しめます。飲み物代はそれなりにしますが、パタヤに行くなら是非ともおすすめですな。いつもお昼を食べすぎるので、夕食はタイスキあたりであっさりと。1/10追記※17%の税は内税だそうです。なので、飲み物代以外は580BでOKとのこと。

f:id:danjoego:20161216175823j:plain

6日目はサイアムカントリープランテーションへ、本当はサイアムオールドをラウンドしたいのですが、LPGAホンダクラシック大会の関係で、2月中旬以降はラウンドできません。新しくサイアムカントリーウォーターサイドも出来ましたが、樹木も植えたばかりで、池だけが目立ち、うーんと言う感じ。あと5~6年したら面白いコースになると思います。夕食はここらあたりで和食が欲しくなるので、Fujiか姉御あたり?

f:id:danjoego:20161216180031j:plain

7日目はパタヤに一番近いレムチャバンGCへ。ラウンド後は、シャワーだけ浴びて、シーフード料理の「ムームアロイ・ナクルア」へ。

f:id:danjoego:20161216180120j:plain

ここは入口が判りにくいけど、中に入ると1000人程の席があるかなり大箱のレストランで、土日はタイ人家族で大賑わいする店です。タイの人たちはエアコンが効いた室内の席を好みますが、我々はビーチサイドのテラス席を必ず確保。夕暮れ時は夕日を眺めながら最高のロケーションを楽しめます、そして特筆すべきは新鮮な魚介類が、現地価格で味わえること。パタヤのウォーキングストリートにあるシーフードレストランの半額位でしょうか。パタヤ市内からタクシーを往復でチャーターしても十分元は取れます。※往復500B位でOKしてくれると思います。

 

8日目は、元現地駐在だったAさんのご厚意で「アマタスプリングGC」をラウンド。ここはメンバー同行じゃないと回れないので、ラウンドできるのはホントにラッキーです。昼食もフレンチのフルコース付、昼間っからワインで宴会ですな。

9日目、後ろ髪をひかれつつスワンナブーム空港へ。帰国となります。とここまで書いてきて、1年間この為に働いてきたんだなあと実感。自分へのご褒美はもうすぐそこだと、胸を膨らませるオヤジでありました。